ネット恋愛はスマホの普及で結婚相談所からも客を取れるサービスに成長しました。

MENU

結婚相談所の衰退

 

婚活の方法で古くからある結婚相談所ですが、近年大きく衰退していると言われています。
この最大の要因はスマホの普及により、ネット恋愛が躍進した事が挙げられています。

 

出会い系サイト時代では勢いを加速させていた結婚相談所

 

ネットが普及する前からあった結婚相談所は、90年代半ばから出会い系サイトが登場した時は、客層を奪われる事はなく、逆に勢いを加速させていました。

 

出会い系サイトは当時は学生など若者の間で普及したサービスで、ネットの普及の恩恵は結婚相談所も受ける事ができ、最初の登録さえ来店や郵送等で済ませてしまえば、その後はネット上で相手のプロフィール情報を閲覧できるサービスがウケて、料金や手間も従来の電話か店頭でマッチング情報を紹介されるサービスよりも大幅に改善されました。

 

この結果、いち早くネットサービスを充実させた所や大手IT系サイトと提携したサービスを行った結婚相談所は急躍進する形になり、ネット恋愛の最上級サービスという位置づけにもなっていったと言えます。

 

 

スマホの普及で結婚相談所が衰退した理由とは

 

出会い系サイト時代では、信頼性に欠ける悪質サイトや詐欺サイトが乱立した事で、逆に運営母体がしっかりしていて、本当に有益な出会いがある結婚相談所は勢いを増しました。

 

出会い系サイトの登場により、最初は出会い系サイトを利用するが、サクラばかりで出会いがなく、しっかりした出会いを求めて結婚相談所を利用する人も多いなど、客が結婚相談所へと流れていった面もあります。

 

しかし、スマホのネット恋愛サービスが登場してからは、「出会い系サイト=低質なサービス」という概念が無くなり、結婚相談所を使うメリットが薄れていきました

 

結婚相談所のサービスに近い婚活アプリの登場

結婚相談所と言えば、本人確認書類の提出は必須で身元が必ずしっかりしている人、中には収入証明書の提出が義務付けられている所もあります。

 

こういった面で信頼性や本気の人が集まるという面が最大の特徴となって、出会い系サイトと差別化できていた結婚相談所ですが、最近では、本人確認書類の提出や収入証明書の提出を義務付けるサービスを展開している婚活アプリも登場してきました。

 

また、それ以外にも当サイトで何度か紹介している通り、Facebookと連動させるなどのスマホの利点を活かした新しい信頼を得る為のサービスも登場しています。

 

各ネット恋愛の運営はサクラや悪質ユーザーの排除にも非常に力を入れるようになり、結果として結婚相談所と大差のない質のサービスをスマホアプリで行えるようになりました。

 

結婚相談所は、入会金と初年度の月額料などで最初の1年は数十万円というお金がかかるのが相場です。

 

それに対してスマホの婚活アプリは月額数千円。
年間10万円以内で同等のサービスを利用する事ができるようになりました。

 

急上昇の画像

これまでの常識を覆すサービスで、圧倒的な利用者数を誇るネット恋愛サービスも多く、利用者が多い所に更に人が集まる特性で急速にスマホを利用してのネット恋愛は普及していきました。

 

同等のサービスが安く提供されて、利用者数も多いとなれば、入会金等、それまでに大きなお金を費やして結婚相談所を利用してきた既存ユーザーも月額数千円程度で満足の行くサービスを利用できる婚活アプリに流れていっている現状です。

 

こういった背景から結婚相談所はスマホの普及とともに衰退をしていて、中には結婚相談所から完全なネット恋愛などのサービスに移行した会社も多くなってきました。

 

長い歴史を持つ結婚相談所に致命的なダメージを与える程、スマートフォンの普及でネット恋愛は質の高いサービスへと変貌して、その価値観が高まったと評価できます。