なるべく相手の顔や雰囲気のわかる写真を掲載している人にアクションを起こすようにしましょう。

MENU

Twitter活用術

 

Twitter(ツイッター)を活用して恋愛に発展させることも可能です。
Twitter(ツイッター)の活用術を記載します。
ツイッター上の写真は殆どの方が顔出しを行っていないため、初対面の方と出会うのは難しいと言えます。この点がフェイスブックと違う点と言えるかもしれません。
そんなTwitter(ツイッター)を活用して恋愛に結びつけるのも不可能ではありません。
まず、恋愛でTwitterを活用するには、なるべく相手の顔や雰囲気のわかる写真を掲載している人にアクションを起こすようにしましょう。
正面の写真でなくても全身の雰囲気がわかる写真や斜めの角度からでも自分の写真を載せている人をターゲットにして下さい。
逆に自分のアイコンも相手に雰囲気の伝わるものを使用しなくてはいけません。自分のツイッターのアイコンをアニメやイラストにしたり、ペットの写真や姿のわからない画像などにしないようにしましょう。
顔を出すのに抵抗がある人は、全身の後ろ姿や斜め前からの帽子、サングラス姿でも構いません。
相手に「雰囲気」の伝わる写真を使用するようにして下さい。
次に、相手の今までの発言から趣味や嗜好、性格などをある程度読み取りましょう。自分のツイッターも自分の性格などが相手にある程度わかる発言を増やすようにして下さい。
ツイッターのやり取りで出会うには、相手に信用してもらい怪しまれないようにすることも大切です。
興味ある相手がいたら返信(リプライ)を一度行ってみて下さい。
迷惑であれば無視されますし、返事の内容から相手の反応を探るようにしましょう。
返信は頻繁過ぎるとウザッたがられますし、間が空き過ぎると恋愛に発展しません。また、一方的なアクションにならないよう自分のつぶやきも返信しやすいようなものに工夫してみて下さい。
時間をかけ、何度かやり取りするようになったら一度、直接会う機会をにおわせてみて下さい。
はっきり相手の顔や雰囲気がわからないままでいると、実際に会ってからがっかりすることがあるかもしれません。
オフ会という口実を作っても良いかもしれません。
ツイッターでやり取りをしてから実際に会うと、趣味嗜好や話が合うので恋愛に発展しやすくなります。
いかがでしょうか。
Twitterをうまく活用すれば、恋愛に発展させることは不可能ではないと言えるかもしれません。無料でできお金もかからないので、おすすめの方法とも言えます。ただし、それなりの時間と労力を必要とするので時間をかけながら頑張ってみて下さい。