ネット恋愛をする上では基本を抑えたLINE活用をしていく事が必要です。

MENU

ネット恋愛の為のLINE活用術

ネット恋愛をするには、LINEは必須ツール

 

LINEのロゴの画像

ネット恋愛2大ツールのうちのひとつ、Facebookに関しては必須ではないと紹介していますが、
LINEは必ず必要なツールとなっています。
スマホを所有している人であれば、必ず利用するようにしましょう。

 

LINEのID交換は気軽に交換でき、いざとなれば拒否できるという利点もあります。
他にも通話が無料など経済面でも有利になります。

 

ネット恋愛をする上でLINEを使っていないと、相手から変わった人だと思われてしまうくらい、LINEはスタンダートな連絡手段となっています。

 

 

ネット恋愛の為のLINE活用術

 

プロフィール画像、カバー写真はどうすればいい?

Facebookと比べてもLINEは電話帳に登録している人が自動で登録されてしまう面がありますので、プロフィール写真やカバー写真は、特に決まりはないです。画像の設定を一切していなくても、「仕事関係の人も見るから。」などといった言い訳が可能となります。

 

とにかく、個性が強すぎたり、悪い印象を与えない内容の写真を使用しなければ、その他の注意点はありません

 

 

 

スタンプは活用しよう

ラインスタンプの画像

メールとLINEのメッセージの一番の違いは「スタンプがあるかないか。」とも言えます。
LINEを利用するのであれば、スタンプを活用した方が良いでしょう。
最初からあるスタンプや無料スタンプだけでも問題はありませんし、数種類課金して購入した有料スタンプを利用しても良いでしょう。

 

この際、女性であればスタンプのセンスは重要度が高く、しっかりスタンプを活用すると相手に好印象を与えられます
多少の出費を払ってでも、いくつか可愛く愛嬌があるスタンプを利用すると良いでしょう。

 

男性の場合も、ある程度はスタンプの種類を持っておくとよいでしょう。
可愛い系のスタンプや個性が強すぎるスタンプばかりを使うと、悪い印象を持たれる事もありますので、無難な内容のスタンプもある程度は活用しながら、適度に多少の個性があるスタンプを利用すると良いでしょう。

 

 

 

タイムラインは活用するべきか?

LINEのタイムラインは無駄に活用しすぎると、自分の事が大好きな人だと思われてしまいます。

 

ちょっとした事や日常的な話はFacebookを利用するなど、FacebookとLINEで使い分けをして、LINEのタイムラインはあまり使いすぎないようにすると良いでしょう。ゲームのスコア投稿なども同様で、たまにやる程度でしたらいいですが、頻繁に投稿しすぎるのはあまり良い印象を持ってもらえない場合があります

 

 

 

LINE通話はアポなしで利用しない

LINEはパケ放題に入っていれば、通話し放題という利点がありますが、現状では着信音が気づきにくいというデメリットや、メッセージだけのIDがなく、通常のIDを交換すれば必ず通話も可能になります。

 

こうした中、話をしたいからと言ってアポなしで通話をしてしまうと、相手からは良い印象を持ってもらえません。

 

LINE通話を利用する場合は、「事前に通話しても良いか?」「いつなら通話しても平気か?」などの事前確認を取ってから行うようにしましょう。

 

もしも電話番号も交換している場合は、急用の連絡は電話でするようにしてLINEを利用して世間話をしたい場合は、自分の都合だけでなく、相手の都合も考える事が必要です。

 

 

「既読を付けるか?」というやり取りは深く考えすぎない

LINEとメールの違いの一つが、送られたメッセージを閲覧すると、既読した事が相手に通知される機能が付いてくる事です。

 

ネット恋愛でLINEのやり取りをする場合は、返信のタイミングや回数も重要にはなってきますが、変に通知だけでメッセージを確認して既読を付けないようにしたり、既読にしたら必ずすぐに返信するといったマイルールを付けると、相手に思惑がある事が感じられたり、自分自信のストレスになったりします。

 

あまり深く考えずに、通知に気付いたらすぐに閲覧して、タイミングの良い所で返信するといった、変に気を使ったり、駆け引きをせずに、メッセージのやり取りをしていく方が上手に行くことが多いです。

 

ただ、例外もあり、相手が頻繁にメッセージを返信してくれなかったり、既読が付いてから返信が来るまで時間がかかる傾向がある場合は、メッセージが届いた時に、毎回すぐに返信してしまうと悪い影響を与える場合もあります。

 

最低限の常識の範囲内で多少は相手に合わせる努力を行い、必要以上に駆け引きをしようとしないのがLINEのやり取りで上手にいくポイントです。