Facebookは活用方法次第でネット恋愛を有利にする事ができます。

MENU

ネット恋愛の為のFacebook活用術

Facebookはネット恋愛の為に必須なのか?

 

Facebookのロゴの画像

結論から言うと、Facebookは必須ツールではありません。
Facebookを一切活用しなくてもネット恋愛の方法やチャンスは充分にあります。

 

中にはFacebookのアカウントを持っている人限定のサービスなどもありますが、Facebookを必要としないサービスを選べば問題はありませんし、どのサービスを利用しても、異性とのメッセージのやり取りで「Facebookをやっているか?」というやり取りは頻繁に出てきますが、「Facebookはやっていない。」と返しても、致命傷になる減点にはなりません。

 

逆にネット恋愛の為だけにFacebookアカウントを作って、「友達もいない。」「投稿もしていない。」「いいね!を押してもらえない。」などの状態でFacebookアカウントを交換すると逆効果になる場合もありますので、しっかりFacebookを使いこなす自信がなかったり、ネット恋愛をはじめる時点でFacebookアカウントを持っていないのであれば、無理してやる必要はありません

 

しかし、Facebookを活用していた方がネット恋愛は有利になりますし、相手との距離を縮める重要なツールになります。
可能な範囲内で、ネット恋愛にはFacebookを活用していくと良いでしょう。

 

 

 

ネット恋愛をはじめる前に準備や確認を

 

ネット恋愛をはじめる前に、まずはFacebookの内容を見直しておくとよいでしょう。

 

Facebook連動サービスでなくても、Facebookアカウントの話は出てくる事が多いので、いつ閲覧されたり、Facebookで友達になる会話が出ても対応できるようにしておきましょう。

 

名前は本名が基本

Facebookは本名で登録するのが基本です。
ニックネームも可能ではありますが、相手の信頼を得る為には本名を活用した方が無難だと言えます。

 

ここでポイントとなってくるのが、自分の名前が珍しい名前か、よくある名前かです。

 

ネット恋愛はニックネームを使用できる事が多いですが、実際にメッセージのやり取りをすると、すぐに本名のやり取りを行う可能性が高いです。自分からはする気がなくても、ネット恋愛で知り合った相手の方から本名を名乗られると、自分も伝えないといけない流れになります。そして、本名が珍しい名前ですと、伝えた時点でFacebookアカウントを検索されてしまう可能性が出てきます。

 

こういった場合は、ネット恋愛で知り合った人に勝手に閲覧されても良い内容か確認しておいたり、状況によっては投稿を友達限定にして、出会って初期段階の人には投稿を見られないようにしておくと良いでしょう。

 

 

プロフィール写真はどうするか?

Facebookのプロフィール写真は大きく分けて、顔写真を載せる方法と、自分の写真とは関係の無い画像を載せる方法があります。

 

もし公開している投稿に顔が写っている写真を掲載しているのであれば、すぐに見られてしまうので、プロフィール写真に良く取れている顔写真を利用しても良いでしょう。普段投稿している写真に顔写真を公開していない人で、ルックスに自信がないのであれば、顔写真とは全く関係の無い写真でも問題ありません。

 

なるべく無難な内容の画像を利用して、個性が強すぎるものは避けましょう。

 

 

学歴や勤務先は載せる?

自信がある内容の学歴や勤務先であれば掲載しても良いですが、抵抗がある内容であれば未掲載で全く問題ありません。
その他細かい情報も掲載・公開するかは自由でプロフィール情報の充実度自体は大きな影響を与えません

 

注意点としては、個性が強すぎる内容で、見られて悪い印象を与えるような内容は変にプロフィールには載せない方が良いでしょう。自分が好きすぎる雰囲気を出すのもNGで、なるべく無難でスマートなプロフィール情報にしましょう。

 

 

友達を増やす

Facebookアカウントで良く見られるのはFacebook上の友達の多さです。

 

友達が少ないと、交友関係や人間付き合いに問題があると思われてしまいます。
Facebookの友達が少ない人は、ネット恋愛をはじめる前に友達を増やしておくとよいでしょう。

 

Facebookは友達を増やしたがっている人がたくさんいます。学生時代の友人など、昔は接点があり、当時もそこまで仲良くなくても、お互い知り合い以上の中であれば気軽に友達申請していきましょう。意外と承認してくれる人も多いはずです。

 

理想のFacebook上の友達の数は50人~300人くらいです。
50人未満だと「友達が少ない。」という印象を持たれ、多すぎても悪い印象を与えてしまうケースもあります。

 

友達が300人以上いる場合は、聞かれた時に答えられる回答を用意しておく事が大切です。
「異業種交流会や大規模パーティーによく行く。」などの理由で友達が多すぎるのは中には悪い印象を持たれる場合もありますので、状況によっては、繋がりが薄い友達を削除していくなどの整理も必要です。

 

 

「いいね!」や「コメント」をもらえる環境を作る

いいね!の画像

 

友達の数以外にも、「いいね!」や投稿に対する「コメント」の多さも重要です。
この2つを増やすには、まずは自分から他の人の投稿に「いいね!」を押したり「コメント」していく事が有効です。

 

「いいね!」を押された相手は、自分が投稿した時に返してくれるようになるので、事前にFacebookをアクティブに活用し、それなりの数の「いいね!」や「コメント」をもらえる環境を作っておくと良いでしょう。

 

同様に誕生日メッセージも友達に自分から送るようにしておくと、自分の誕生日の時にたくさん返信をもらえる可能性が高くなります。