出会い系サイトと出会い系アプリの違いは利便性や運営の信頼性などが挙げられます。

MENU

出会い系サイトと出会い系アプリの違い

 

スマホの普及でネット恋愛の形は出会い系サイトから出会い系アプリに移行しました。

 

出会い系サービスに限らず、従来のWEBサービスの多くはスマホアプリサービスへ移行や併用も行われましたが、こういった他のサービスと比べても出会い系サービスはアプリへ変わった事でサービス全体が大きく変わったと言えます。

 

実際に最近では、「出会い系サイトは悪質なサービス。」「婚活アプリは良質なサービス。」だと認識している人も多く、スマホ普及で大きく変わったサービスの代表例とも言えます。

 

実際に出会い系サイトと出会い系アプリで何が変わったのかを紹介していきます。

 

 

信頼性の高い運営母体しかアプリサービスを行えない

 

出会い系サイトの悪質な例といったら、最初は完全無料などで集客して、実際には相手と出会うには課金してメッセージのやり取りをしなければいけないルールがあり、中には、こうした課金サービスに法外な料金設定をしていたり、サイトにアクセスしただけで、料金請求の画面が出てくる詐欺サイトも多くあります。

 

WEBサイトを利用する出会い系サイトは、ドメイン(ホームページのURL)さえ取得してしまえば誰にでもサービスを行う事が可能で、「運営母体の所在地を利用者に伏せる事」「クレームを受け付ける方法を無くす事」が可能となっていました。

 

アップルストアとグーグルプレイのロゴの画像

それに対して出会い系アプリは、現在のスマホ事情では一般的に、「iPhone向けのApp Store」か「android端末向けのGoogle Play」からアプリを配信するしか方法はありません

 

それぞれAppleやGoogleの承認を取る事が必要で、しっかりした運営母体がないとアプリサービスを展開することができませんし、課金の際には必ず確認画面が出てきます

 

これにより婚活サービスはアプリを利用すれば架空請求等のリスクが無く安心して利用する事が可能となりました。

 

レビュー情報の信ぴょう性が高い

婚活サービスは実際に使った人の口コミが利用を検討する上で重要な情報となります。

 

出会い系サイトも口コミサイトなど情報はありますが、こういった口コミ情報ですら、サクラで固められた内容の上々が多いです。
しかしアプリであれば、ダウンロードページのレビューを見れば、ある程度はそのサービスの信頼性を見極める事ができます。

 

アプリのレビュー情報は、スマホのアカウント一つに付き1回しか投稿する事ができませんので(再投稿の場合は以前の投稿が削除)、本当に生の利用者の声を確認する事ができます。

 

料金体系が安心できる

出会い系サイトは、軽い気持ちで利用すると後から数万円~数十万円、悪質なケースでは数百万円という請求がある事もありますが、出会い系アプリは一般的に月額数千円程度で、ある程度のサービスを利用する事が可能です。

 

中には女性は完全無料でサービスを使い放題や、お試し期間は完全無料で利用できるサービスもあります。
アプリであれば、思いがけない高額請求のリスク無く、安い料金で安心してサービスを利用する事が可能となります。

 

 

アプリになった事で向上した利便性

 

出会い系サービスに限定した話ではありませんが、WEBからアプリに移行した事でサービスの利便性は大幅に向上しています。

 

相手を検索する画面では簡単操作で様々な情報を確認する事もできますし、4Gの高速通信やWi-Fiが普及した事で、画像付きの情報の閲覧もストレスなくできるようになりました。

 

最近の出会い系アプリでは、Facebookアカウントと連動したサービスなど、スマホならではのサービスも多く、LINEの普及もあり、サービス内で出会ってから実際に連絡先交換をするまでの流れもスムーズなものに変わっています。

 

こういった利便性の向上が、ネット恋愛の価値観を変えた要因の一つにもなっています。